コスメレビューや使ってよかったものを発信中!

ママcure

コスメ 入浴剤

天然酵素入りの入浴剤「fermiss(フェルミス)」でリラックス

更新日:

フェルミス 入浴剤 株式会社エコ・ウィッシュさんの「fermiss(フェルミス)」をお試しさせていただきました。

»»»酵素入りバスミルク フェルミスL(ラベンダーの香り)

 

フェルミスは成分にこだわって作られた「入浴剤」なんです。

 

fermissの特徴

こちらがフェルミス(ラベンダー)に含まれている成分です。

 ミネラルオイル、水、酵母エキス(天然酵素)、オレス-6、ラベンダー油、スクワラン、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、BG、フェノキシエタノール

 

天然酵母や植物エキスの成分が入っているのがわかります。

フェルミス 入浴剤

特徴①天然酵素入り

一番の特徴といえば「天然酵素入り」というところです。

「酵素」と聞くと免疫力をアップさせてくれる・・・といったように、体によさそうなイメージがありますよね。

実際に「酵素」にはどんな働きがるのでしょうか?

天然酵素の働きとは?

酵素には脂肪やたんぱく質を分解させる効果があり、古くなった角質を取り除いてくれます。
そのため、酵素入りのお風呂に入ると肌がつるつるになるのです。

また、酵素風呂は体を芯から温め、冷えの防止や、体の中の毒素を汗と一緒に流してくれるデトックス効果も期待されています。

 

「天然酵素入り入浴剤」は肌への刺激も少なく、アトピー性皮膚炎や乾燥肌の人におすすめなんです。

 

フェルミスには約300種類い所の天然酵母が含まれておりますので、とっても贅沢な入浴剤ですね♪

 

このフェルミスには成分表の3番目に「酵母エキス(天然酵素)」が書かれています。

成分表は入っている量が多い順に書かれているので、天然酵素が多く入っているのではないでしょうか。

フェルミス 入浴剤

②9種類の天然植物エキス配合

  • アロエベラ葉エキス  
  • カミツレ花エキス
  • クズ根エキス
  • クロレラエキス
  • セイヨウオトギリソウ
  • フユボダイジュ花エキス
  • トウセンカ花エキス
  • ヤグルマギク花エキス
  • ローマカミツレ花エキス

どれも天然の植物エキスです。

保湿、肌荒れを防いでくれる効果があるものばかりです。

 

私が個人的に気になっているエキスは2種類の「カミツレエキス」(ローマカミツレ、カミツレ花エキス)です。

カミツレエキスには強い抗炎症作用や肌れ防止効果があるので、アトピー持ちさんや乾燥肌に悩んでいる人にとっては、ありがたいエキスなんですよね♪

 

③天然アロマオイルの香り

フェルミスは全2種類。

「ラベンダー」と「ローズ」の香りがあります。

どちらも天然のアロマの香りを配合してあるので、香りで心も体もリラックスできるんです!

 

フェルミスに入っている「ミネラルオイル」について

ちなみに・・・フェルミスに一番多く入っている成分

「ミネラルオイル」

ミネラルオイルとはズバリ、鉱物油のことです。

あれ?鉱物油ってお肌に良くないんじゃ??

と思いますよね。

 

ミネラルオイルは化粧品によく含まれていたり、赤ちゃんが使う「ベビーオイル」も鉱物油。病院からよく保湿剤として処方される「ワセリン」も鉱物油です。

入浴剤(液)にもよく使われているんですよ。

 

ミネラルオイルの特徴は

  • 性質が安定しているので酸化しにくい
  • 皮膚の表面を油分で保護する(皮膚には浸透しない)
  • 精製されているので不純物がない

といったことが挙げられます。

 

鉱物油の安全性に問題があったとされるのは戦後間もなくの昔の話。

現在は精製のレベルもしっかりと確立されていますので、純度の高い安全な鉱物油が作られています。

 

「酸化しにくい」というのもかなりの利点で、「酸化しにくい」=「腐りにくい」ということでもあります。

腐ったものを肌につけるのは肌荒れの原因になったりと、とっても危険です!

ミネラルオイルには腐る心配がないので、「酸化」という点では天然物よりも安心できる物質ということになります。

 

ミネラルオイル(鉱物油)=肌に良くない

という考えは間違っているというわけですね。

 

ただ、ミネラルオイルにくわえ合成着色料や合成香料が含まれていると、合成された化学物質(不純物)が紫外線と反応してシミになりやすくなってしまう恐れがあるようです。

ですが、このフェルミスは

合成香料、合成着色料は不使用です。

硫酸系の界面活性剤も使用していません。

不純物の入っていない入浴剤ですので、「安心して使える入浴剤」ということが言えます。

 

実際に「フェルミス」を使ってみました

ボトル1本で280ml入っており、約30回使えます。1か月分ですね。

フェルミス 入浴剤

ふたを開けると天然アロマのラベンダーの香りが強く感じられます。

この香りでお風呂に入ればリラックスできること間違いなしですね。

 

フェルミスの入浴剤はキャップ1~2杯をお湯の中に入れます。

フェルミス 入浴剤

 

乳白色のお湯になりました!

フェルミス

ちょっと写真だとわかりづらいのですが・・・

きれいなミルク色です。

 

フェルミスを入れるとお湯がとってもやわらかくなって気もちがいいんです。

やっぱりラベンダーの香りが心地いいです~

1日の疲れも吹き飛んでしまいますね。

 

お風呂から上がっても体がぽかぽかしています。

そして、肌もつるつる!

ひざから下がいつもカサカサしているのですが、フェルミスを入れるとカサカサしていないのです。

子供の背中もガッサガサだったのがフェルミスを使うようになってから、つるつるになってきました。

 

酵素は高温に弱いという特徴を持っています。

酵素の働きが高まる温度が35度~40度なので、ややぬるめの温度で入るのがいいようですね。

熱すぎる温度だと肌にも負担がかかってしまいます。

 

おすすめの温度は39度です。

39度のお湯に10分~20分程度浸かると美肌にもなれるそうです。

 

 

バスルームにそのまま置いているだけでおしゃれなデザインも気に入っています♪

フェルミス

最後まで読んでいただき ありがとうございました。

 

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

応援よろしくお願いいします。(*^^*)

 

-コスメ, 入浴剤

Copyright© ママcure , 2018 All Rights Reserved.