コスメレビューや使ってよかったものを発信中!

ママcure

こどもグッズ 手作り化粧品

手作りの虫よけスプレーの作り方 まとめ

更新日:

森

この時期の必須アイテムの虫よけスプレー。

市販のものでもいいですが、子供でも安心して使える材料で作られた虫よけスプレーを使いたいですよね。

 

ちなみに、私が買った(買ってしまった)虫よけスプレーは、服の上からスプレーするもので・・・

原材料を見たら「ディート」が入っていました。(使い方としては間違っていないですが。)

 

※ディートとは・・・

特にダニや蚊に非常に効果のある薬剤。第二次世界大戦の時にアメリカで開発されました。

アレルギーや肌荒れを起こす場合があります。また、動物実験では神経毒性が認められた例もあります。

国民生活センターでは「ディートは一般的には毒性は低いとされるが、まれに体に影響があると報告されている」と言っているので、乳幼児には肌に直接使うのは控えたほうがいいといえます。

ママたちの間では「ディート不使用」が当たり前なのです!

 

すでにブームにもなっている手作りの虫よけスプレー

簡単に作れます。

市販のものとは違い、材料もシンプルで安心できる素材を使っています。

 

手作りスプレーでもいろいろなつくり方があるので、紹介したいと思います。

 

必ず必要なもの

スプレーボトル・・・100均一のものが安くて便利。基本的には何でもOK。持ち運びにも便利な今回は50mlボトルを使用しました。

計量カップ・・・料理用のものだとメモリが大きくて計れないので、子供用のシロップについている計量カップや少量計れるビーカーがおすすめ。

 

虫よけスプレーの作り方

今回は3タイプの作り方を紹介します。

 

  • 作った虫よけスプレーは早めに使い切ってください。(2~3週間ぐらい)
  • 直射日光の当たらない涼しいところで保管してください。
  • スプレーの中に変なものが浮いていたら腐っている証拠ですので、中身を捨て、新しく作り直してください。

虫よけスプレーの作り方

その① 一般的な虫よけスプレーの作り方

【用意するもの】

  • 無水エタノール 5ml
  • 精製水 45ml
  • 好みの精油 全部合わせて5滴程度。(おススメはシトロネラ2滴、レモンユーカリ2滴、ラベンダー1滴)

精油の香りで虫を寄せ付けません。

 

虫が嫌がる香りは

ラベンダー、レモングラス、ユーカリ、レモンユーカリ、シトロネラ

などがあります。

 

 

作り方

①スプレーボトルに無水エタノールを入れます。

②精油を入れます。

③精製水を入れ、ふたをしてよく振って完成です。

 

 

その②ハッカ油を使った虫よけスプレー

精油を使ったスプレーは1歳未満の赤ちゃんには刺激が強いので、使わないほうがよいとされています。

しかし、「ハッカ油」なら赤ちゃんでも安心して使えます。

※赤ちゃんに使う場合はハッカ油を5滴程度にしてください。

 

【用意するもの】

  • 無水エタノール 5ml
  • ハッカ油 10滴
  • 精製水 45ml

 

【作り方】

上記参照して全部の材料をまぜ合わせてください

 

その③ エタノールを使わない(低刺激)虫よけスプレー

意外に知られていないエタノールを使わないスプレーの作り方。赤ちゃんに使うなら一番おすすめの作り方です。

 

エタノールはアルコールですので肌につけると刺激を感じる場合もあります。

この虫よけスプレーはエタノールを使いません。

グリセリンを使うので、多少の保湿効果もあるかと・・・

 

【用意するもの】

グリセリン 5ml

精製水 45ml

精油またはハッカ油(どちらか)

  • 精油 (ペパーミント1滴、レモングラス1滴、ラベンダー2滴)
  • ハッカ油 5滴 

 

【作り方】

上記参照して全部の材料をまぜ合わせてください

 

先ほども書きましたが、精油を使うなら1歳以上になってから。

 

 

 

精製水の代わりに普通の水道水でも可。塩素が入っているので虫よけスプレーが日持ちします。

塩素(肌への刺激)が気になる人は精製水で作ってみてください。

 

最後まで読んでいただき ありがとうございました。

 

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村

応援よろしくお願いいします。(*^^*)

 

-こどもグッズ, 手作り化粧品

Copyright© ママcure , 2018 All Rights Reserved.